少子高齢化時代の中で。これからの介護ビジネスの将来性は?

少子高齢化時代の中で。これからの介護ビジネスの将来性は?

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

少子高齢化時代の中で。これからの介護ビジネスの将来性は?

フランチャイズビジネスで成功を収めるためには、将来性のある業態を選んだ上で、安定感のある本部と共に二人三脚で歩んでいく必要があります。将来性と安定性、どちらか一方が欠けていても、成功は難しくなってしまいます。特に将来性については、時流をしっかりと見極めて判断する必要があるでしょう。近年話題になることも多い介護ビジネスの将来性はどうなのでしょうか。詳しくチェックしてみましょう。

少子高齢化の時代は、チャンス到来なの?

子どもの数が減り、お年寄りの数が増え続けている今、様々な問題が指摘されています。増え続ける介護の問題や、独居問題、さらには働き手の減少など、少子高齢化は、私たちの生活にも大きな影響を与えると言われています。

しかし一方で、フランチャイズビジネスを展開する人の中には、「少子高齢化はチャンス」と捉える人もいます。これは、お年寄りの数が増えるにしたがって、これまでとは違う、新しいニーズが生まれることを狙ったもの。少子高齢化が抱える問題をビジネスで解決できるとしたら、確かにそれは、成功のもとになるのかもしれません。社会の流れを明確に読み、そして高齢者とその家族が求めるサービスを提供することができれば、チャンスととらえることもできます。

補助金をあてにした、制度ビジネスからの脱却が鍵

現代においても、高齢者を対象としたビジネスは数多く存在しています。しかしそのほとんどは、税金から支払われる補助金をあてにしたビジネスだと言われています。今後も高齢者の割合はどんどん上昇していきますから、今のままの補助金制度を維持していくことは難しいでしょう。今後新たに参入することも、簡単ではないと考えられています。

だからこそ、新しい時代に則った「高齢者が自費で利用するサービス」についても積極的に検討していかなければいけません。介護保険による支払いにプラスして、自費による支払いをする。具体的にどのようなサービスが求められているのか、流れに敏感でいることで新たなチャンスをつかめるでしょう。利用者のニーズとうまくマッチすれば、新しいビジネスモデルが誕生すると共に、顧客満足度もアップするはずです。

AIの参入状況にも注視して

近年、目覚ましい発展を遂げているAI(人工知能)の世界。ごく近い将来には、様々な分野においてAIが活躍するようになると言われています。高齢者向けの福祉サービスにおいても、それは例外ではありません。これまで人が行っていた仕事をAIが担うようになれば、仕事を失ってしまう人もいるでしょう。

介護ビジネスの中でも、AIに浸食されない分野の仕事について検討しておくことも大切です。もしくは、人手不足が慢性化している介護ビジネスですから、積極的にAIの力を借りることで新しい世界が開けるかもしれません。

近年は、フランチャイズで介護ビジネスに挑戦しようとする方も増えています。どのような仕事をどのような本部と一緒にしようと思うのか。将来の流れについて、本部がどう考えているのかを聞いておくことで、判断基準になるでしょう。

AIの参入状況にも注視して

近年、目覚ましい発展を遂げているAI(人工知能)の世界。ごく近い将来には、様々な分野においてAIが活躍するようになると言われています。高齢者向けの福祉サービスにおいても、それは例外ではありません。これまで人が行っていた仕事をAIが担うようになれば、仕事を失ってしまう人もいるでしょう。

介護ビジネスの中でも、AIに浸食されない分野の仕事について検討しておくことも大切です。もしくは、人手不足が慢性化している介護ビジネスですから、積極的にAIの力を借りることで新しい世界が開けるかもしれません。

近年は、フランチャイズで介護ビジネスに挑戦しようとする方も増えています。どのような仕事をどのような本部と一緒にしようと思うのか。将来の流れについて、本部がどう考えているのかを聞いておくことで、判断基準になるでしょう。