健康・ダイエットブームや介護予防に需要が高まるストレッチフランチャイズについて

健康・ダイエットブームや介護予防に需要が高まるストレッチフランチャイズについて

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

健康・ダイエットブームや介護予防に需要が高まるストレッチフランチャイズについて

期待される市場規模

体をほぐしてリフレッシュをすること、ダイエットや生活習慣病の予防、介護予防などにも活用できるストレッチサービスのフランチャイズは健康ブームでビジネスマンや主婦をはじめ、ダイエットを気にする女性、介護を予防したい中高年まで幅広いニーズが見込めます。
職場や自宅の近く、駅前などの利用しやすい場所で、短時間で気軽に利用できるストレッチジムや教室はちょっとした時間で気軽に健康維持やダイエット、介護予防などをしたい方に人気が出ており、健康ブームの持続や高齢化が進む中で市場規模もますます期待できるといえるでしょう。

ストレッチフランチャイズのメリット

ストレッチフランチャイズのメリット

ストレッチのフランチャイズはコンセプトやサービス内容にもよりますが、わずかなスペースで開業でき、高額なマシンを何台も勢ぞろいさせることも不要で、チェーンが推奨するマシン数台やヨガマットやヨガボールなどがあれば、設備的には十分で開業資金が少なくて済む点がメリットです。
技術指導などの研修もしてくれるので未経験の方でも始めやすく、逆に多少なりとも知識や興味がある方にとっては、自分が関心のある仕事で独立開業ができる絶好の機会といえるでしょう。
立地にもよりますが、平日の昼間は地域の主婦やシニア層、夕方からの時間や土日祝日は仕事終わりの方の利用が見込め、回転率も良く、効率的に売上が入るのもメリットといえます。

ストレッチフランチャイズのデメリット

立地や条件が良ければ集客も売上も見込める業態ですが、事前のマーケティングを誤ると利用者に恵まれないケースがあります。
丁寧に市場リサーチを行い、需要が見込める地域を探して出店することが求められます。
また、オフィス街や駅近などの立地は集客が見込めてもテナント料が高くなり、利用者を増やし、回転率を高めたりしないと思ったように利益が出ない場合もあるので注意しましょう。
出店のためのマーケティングやテナント探しも含めて、これまでの出店実績などを踏まえて丁寧にサポートしてくれるチェーンであるかを見極めて契約をするようにしたいものです。

まとめ

健康ブームや高齢化による介護予防、ダイエットを気にする女性が増えており、気軽に体を動かせてボディメンテナンスができるストレッチのフランチャイズは今後の市場規模の成長が見込めます。
わずかなスペースでわずかな設備と資金で開業できる点や幅広い層の利用者が見込めるメリットがある一方、立地の選定を見誤ると利用者がいない、テナント料に見合った集客が得られないといったデメリットが発生します。

フランチャイズ特集

人気のフランチャイズ TOP5