働き方改革でフランチャイズ市場が熱いその訳は!?

働き方改革でフランチャイズ市場が熱いその訳は!?

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

働き方改革でフランチャイズ市場が熱いその訳は!?

「一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ」として国が進める働き方改革。
政府は、働き方改革を行うことで生産性が上がり、働く人の賃金上昇や需要拡大などの「成長と分配の好循環」を生み出し中間層の増加と消費を押し上げ、多くの方が豊かな家庭を持てる様にするのが狙いとしています。
この働き方改革で、注目を集めるフランチャイズについてまとめていきたいと思います。

そもそも、なぜ働き方改革が出てきたか。

働き方改革でフランチャイズ市場が熱いその訳は!?/そもそも、なぜ働き方改革が出てきたか。

日本国の課題の一つに労働人口が減少が上げられます。
労働人口が減少している事に加え、長時間労働や残業といった働き方が日本経済の低下につながると指摘されています。
負のサイクルを阻止するため、政府は働き方改革を打ち出し、生産性向上させ日本経済の発展させることが働き方改革の目的です。

働き方改革が掲げる「柔軟な働き方」で副業する人が急増!?

働き方改革実現会議資料によると、働き方改革でも副業、兼業という柔軟な働き方も議題として扱うと発表されています。
実際に副業解禁している企業も増え始め今では、リクルートテクノロジーズ、ヤフー、サイボウズ、グッドパッチなどといった大手企業が副業解禁にしています。
このような「柔軟な働き方」を促進することにより、社員が自立的になり、社外から有益な情報を持ち込んでくることで、会社と社員の双方にメリットが発生するwin-winの関係が望めます。

フランチャイズでも副業可能なフランチャイズがたくさんあります!

働き方改革の「柔軟な働き方」が促進され副業など多様性を持った働き方が実現しつつある今、副業というカテゴリの中でフランチャイズが物色されています。
フランチャイズは、会社員だとできないのではと疑問を持たれる方もおりますが、副業でも可能なフランチャイズもありオーナーとしてスタート切りやすい環境があります。
まずは、フランチャイズショーなどの展示会や弊社サービスなどの資料請求比較サイトで資料請求してご自身に合ったフランチャイズを見つけましょう。

まとめ

国税庁による平成28年分の「民間給与実態統計調査」によりますと、サラリーマンの平均給与は「420万円」との調査結果が出ております。
近年では、徐々に上昇しているものの平成9年分の民間給与実態統計調査での平均給与467万円から約47万円の差があります。
この差を埋めるとなりますと、リスクが少なく本部(フランチャイザー)で培って来たノウハウをそのまま活かす事ができるフランチャイズというのも選択肢の一つではないでしょうか。
フランチャイズの中には副業もできる会社もありますので、低リスクで通常の副業より稼げるメリットがあります。
ぜひ、弊社フランチャイズ資料請求比較サイト「FC media」で資料請求してみてはいかがでしょうか。

フランチャイズ特集

人気のフランチャイズ TOP5