フランチャイズで成功する3つのこと

フランチャイズで成功する3つのこと

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

フランチャイズで成功する3つのこと

フランチャイズで独立開業後、いきなり上手く軌道に乗る人と乗らない人とで二極化することがあるでしょう。今回はフランチャイズで上手く失敗のリスクを抑えつつ成功に近づけるフランチャイズのコツ3点をご紹介します。

簡単そうで簡単ではないフランチャイズ成功の秘訣

フランチャイズは既に知名度のある看板があり、集客がたやすく、経営ノウハウや設備や商品、サービスの仕方に至るまでそろっているからだれにでもできると思われる方もいるかもしれません。
インターネット広告の宣伝文句を見ても、わずかな資金とやる気があればできそうな勢いですが、実際には成功する人、上手くいかずに事業から撤退する人もいます。
成功者の秘訣を確認していきましょう。

業種やサービス内容についてしっかり学ぶ

フランチャイズの契約をする前に行おうとしている事業の業種や、フランチャイズ店で提供しているサービスの内容についてしっかり学んで理解し、その強みや将来性と弱点や課題などをきちんと学び、自分なりの答えや課題の解決策などを検討しておくことが大切です。
何も知らずに何とかなると船出してしまっては失敗のもとです。

成功者の話を聞き実際に体験してみる

成功者の話を聞き実際に体験してみる

説明会に出て内容をよく理解し、疑問点を解消するのはもちろん、すでに経営をしているオーナーの成功談も聞き、その方にもしっかりと質問をします。
気になるところを徹底的にクリアにして、実際に成功者の店を訪問して1日様子を見る場合や1日入店体験をされる方も少なくありません。
これくらいしないと成功には結びつかないのです。

アドバイスに耳を傾ける

フランチャイズの事業をスタートさせてからは、本部から定期的に地域の担当マネージャーが訪問したり、本部からメールやFAXなどで情報配信が行われたり、研修会などが実施されることもあります。
フランチャイズ事業ではその経営ノウハウなどを得て満足する反面、売上の多くを持っていかれてしまうとか、サポートをしてもらえないなど不満を持つ場合や何となく反発心を持つオーナーも少なくありません。
ですが、成功しているオーナーは自分の意見を持ちつつも、本部や担当マネージャーなどからのアドバイスにもしっかりと耳を傾け、素直に実践する方が多いです。
アドバイスに従って行ってみて、そのやり方がいいのかを確認し、上手く行けばさらに応用しながら発展させていきますし、上手くいかなかった場合にはなぜ上手くいかなかったかの原因を突き止め担当マネージャーなどに意見を投げかけることや相談をして解決策などを検討しています。
アドバイスを受け止め、かつ自分なりにしっかり咀嚼して実践し、さらに上手くいく抱負や自分の店に合わせた方法を考えていくのが成功の秘訣です。