パン屋さん特集

パン屋さん特集

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

パン屋を開業したいときに必要な準備や手続きについて

立地の選定やテナント契約をしよう

パン屋をオープンさせたい場合、事業計画などを立ててから立地やテナントの選定を行いましょう。
立地によって集客や売上が大きく左右されますので、場所の選定はとても重要な作業です。
一方で、人通りが多くてライバル店が少ないなど集客が見込めそうという場所はテナント料が高い可能性もあります。
テナント料を継続的に払っていく必要があるため、収益のシミュレーションをしつつ、安定経営ができるのか費用面もじっくりと検討する必要があります。

設備や環境を整えよう

パンの製造や調理、販売のために必要な設備や機材などを調えるうえでは、必要なものをしっかりと検討するともに、予算を考えて導入するアイテムの選定をする必要があります。
設備や環境の整備については、パン屋開業のための行政の許可を得るにあたって求められる施設基準や衛生面の環境基準などを満たせるよう、地域の保健所などで事前に基準をしっかりと確認して行いましょう。

製造や開業のための許可を取ろう

食パンなどの食事パンや菓子パン、ケーキなどを造って販売する場合、菓子製造業の許可が必要です。
一方で、自分で焼いたパンに具材などを挟み、サンドイッチや惣菜パンといった調理パンのみを販売する場合には菓子製造業の許可と飲食店営業許可が必要とする保健所と、飲食店営業許可のみでいいとする保健所があるため、出店する地域によって異なります。
また、自分で焼いたパンを売るのではなく、その場で食べてもらうベーカリーカフェの場合は飲食店営業許可を取得する必要があります。
併せてサンドイッチなどの調理パン販売も行う場合には管轄する保健所により、菓子製造業許可も併せて必要になり、食パンや菓子パンを売る場合は菓子製造業許可も取得しなくてはなりません。

材料や人材を整えよう

営業に向けて材料をどこで仕入れるか、コスト面を含めて検討したうえで、定期的に配送してもらう契約や、オーダーに応じて納品してもらう業者などを選定しておきます。
また、ご自身やご夫婦、ご家族などで経営するのではなく、スタッフが必要な場合には製造や販売などのスタッフ募集を行い、面接などをして採用したうえで教育をする必要もあります。

宣伝をしよう

いよいよお店のオープンになったら、ホームページの制作やチラシを作成して配る、地域の広報誌に宣伝を出すなどが必要になります。
自分たちの力だけで行うのか、専門の業者にホームページやチラシの作成を依頼するのかも検討しましょう。

人気のフランチャイズ TOP5