カフェ・喫茶店特集

カフェ・喫茶店特集

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

夢のカフェ・喫茶店オープン! 成功させるために知っておくべき知識とは?

近年は、カフェのオーナーとして独立・開業を果たしたい!という夢を抱く方も増えてきています。カフェを経営するためには様々な知識が必要となりますが、総合的な勉強ができる専門学校も人気を集めています。では実際にカフェや喫茶店の経営で成功するためのポイントは、どこに隠されているのでしょうか。独立・開業を夢見るあなたに、有益な情報をお伝えします。

開業には1,000万円以上かかることも多い!

カフェや喫茶店は、飲食店の一つです。飲食店を開業する際には、店舗を用意し内装を整える他にも、調理器具や専用の厨房設備などを用意しなければいけません。このため、独立・開業を目指す場合には多額の初期費用が必要となります。その費用は、1,000万円から2,000万円ほどと言われることも。カフェオーナーになりたい!と夢を語る方の中には、理想とする空間や家具のイメージが、すでに出来上がっているケースもあるでしょう。こうした内装にこだわればこだわるほど、開業費用は高くなってしまいます。

もちろん、「仕事をしやすい環境」や「お客さまが求める素敵な雰囲気」を用意することは大切なこと。とはいえ、開業資金とその後の儲けのバランスを意識しなければ、あっという間に経営は行き詰まってしまうでしょう。

カフェ経営を成功させるコツ「リピーターを増やすこと」

カフェ・喫茶店特集/カフェ経営を成功させるコツ「リピーターを増やすこと」

カフェや喫茶店の経営を成功させるコツは、「地域に愛される憩いの場になる」ということです。要は、定期的に来店してくれるリピーターを増やすということ。「落ち着ける空間の中で仕事がしたい」「散歩の途中で一服したい」「友だちと気兼ねなくおしゃべりできる場所が欲しい」など、人々がカフェに求める役割は様々です。こうしたニーズに合致したサービスを提供できれば、より多くの人に愛されるお店作りも可能になります。

提供するメニューの味や価格が重要なのはもちろんですが、居心地の良い雰囲気や清潔さも大切なポイントです。一度来店したお客さまの心をつかみ、そして自分らしくお店を維持していくためには、経営に関する知識も必須となります。「趣味程度だから」と安易な気持ちでスタートするのではなく、経営者としてしっかりと勉強しておくと安心です。

カフェ経営のデメリットとは?

次は、カフェを経営する際のデメリットについてです。飲み物や軽食を提供するカフェですが、近年は大手のチェーン店が非常に人気を集めています。圧倒的な資本力、そして宣伝力で、大手は独自の経営を行っています。個人経営のカフェがそれに勝とうとするのは、決して簡単ではありません。近年のカフェブームの影響で、新規に開店するカフェの数は非常に多くなっています。しかしその半数程度が、開業後1年で閉店に追い込まれているという事実も、頭に入れておくべきでしょう。

カフェ経営のデメリットは、「味」や「価格」だけではなく、「利用者の潜在的なニーズを掘り起こさなければならない」という難しさにもあります。駅前で開店するカフェと、のんびりとした住宅街で開店するカフェでは、求められる雰囲気も営業スタイルも異なっているはず。判断を誤れば経営が立ち行かなくなる可能性も高く、特に経営の初心者にとっては無視できないデメリットと言えます。

フランチャイズだからこその魅力もアリ

メリットがある一方でデメリットもあるカフェ経営だからこそ、安定したフランチャイズに加盟するのもオススメの方法です。有名店の看板を掲げ、そのノウハウに則って経営をしていくことになります。「自由度が低い」「ロイヤリティを支払わなければならない」などのデメリットもありますが、本部がカフェ経営の手助けをしてくれるのは、大きな魅力。また、開店当初から固定客を見込めます。

どんな本部を選ぶのかによっても条件は異なるので、フランチャイズでカフェや喫茶店オーナーを目指す際には、よく比較検討しましょう。

まとめ

カフェや喫茶店のオープンを本気で目指すのであれば、フランチャイズについても考えてみるのがオススメです。自分にとって、どんなカフェが理想なのか。また経営を軌道に乗せるために、どんな工夫をしようと考えているのか。ぜひじっくりと検討してみてください。

人気のフランチャイズ TOP5