コンビニ特集

コンビニ特集

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

コンビニ・フランチャイズの特徴、そして知っておきたいこと

フランチャイズビジネスの筆頭とも言えるのが、コンビニエンスストアです。どこの街でも見かける大手のコンビニの多くは、フランチャイズで成り立っています。フランチャイズビジネスの中でも、コンビニ経営にはどのような特徴があるのでしょうか。独立・開業を目指す方にも人気のコンビニ。そのメリットとデメリットについても、お伝えしていきます。

フランチャイズの仕組みとは?

コンビニ・フランチャイズでは、オーナーが決めたコンビニのフランチャイズ本部に加入することで、そのブランドや経営ノウハウを活かした経営を行うことになります。最初から経営のノウハウがしっかりしていること、また誰もが知っているアイテムを自分の手で販売できるということが、大きなメリットとなります。一方でフランチャイズ本部は、ブランドやノウハウを提供することで、オーナーからロイヤリティを得ることになります。

フランチャイズの仕組み自体は、その他の業態とほとんど違いがありません。しかしコンビニ・フランチャイズには、コンビニ・フランチャイズにしかない特徴もあるのです。

コンビニ・フランチャイズの特徴3つ

コンビニ・フランチャイズならではの特徴1つ目は、全国的に非常に多くの店舗を持っているということです。それはすなわち、多数の経営ノウハウを持っているということでもあります。

2つ目の特徴は、多くの店舗を全国的に展開しているからこそ、地域に沿った戦略を練ることができるという点です。コンビニの人気メニューと言えば「おでん」ですが、これは地域によって味付けや具材が異なっています。地域ごとに多くの店舗があるからこそ、商品開発や地域独自の工夫もしやすく、それが経営成功の秘訣とも言えるでしょう。

3つ目の特徴は、加盟方法を選択することができるということです。土地や建物を自分で用意するのか、それとも本部に用意してもらうのかで、初期費用も大きく変わってきますから、自分にとってメリットの大きい方法を選択することができます。

コンビニ経営のデメリットとは?

次は、コンビニ・フランチャイズで独立・開業する際に考えられるデメリットについてです。コンビニチェーン店を経営する際には、多くのルールが設定されています。オーナーとして経営する上で、こうしたルールを順守することが求められます。24時間365日お店を開けることであったり、仕入れた商品の販売方法に縛りがあったりと、一つ一つきちんと確認しておきましょう。

また本部で働くスタッフの数が多く、当たり・はずれがあるという点もデメリットの一つと言えるでしょう。デメリットを避けるためには、加盟前にできる限りのリサーチをする必要があります。

まとめ

フランチャイズビジネスと言えばコンビニオーナー!と一般的に認知されているほど、世の中に広がっている業態です。メリットもあればデメリットもありますが、信頼できる本部と二人三脚で、こつこつ真面目に働いていけば、成功する可能性もアップします。フランチャイズコンビニ経営を検討する際には、ぜひ参考にしてみてください。

人気のフランチャイズ TOP5