習い事・塾特集

習い事・塾特集

  • はてなブックマークに追加
  • Googleプラスでシェア
  • Pocketでシェア
  • LINEで送る

子供達の笑顔が活力になる!習い事・塾特集!

フランチャイズビジネスには、さまざまな業態が含まれています。経営を成功させるためには、今後さらなる発展が見込まれる業態を選択することも重要なポイントとなるでしょう。こうした状況の中、近年伸び率が高まっているのが「学習塾」のフランチャイズ経営です。そのポイントやメリット、そして将来性について解説していきます。

少子高齢化の時代。なぜ「学習塾」なのか

少子高齢化の時代を迎えた今、昔よりも確実に子どもの数は減ってきています。子ども向けの事業をしている企業はどこも、顧客総数の減少にどう対応していくべきなのか、頭の痛い問題を抱えています。学習塾と言えば、当然子どもを対象としたサービスを提供している業態です。少子高齢化の時代に、なぜ学習塾のフランチャイズが成長しているのか。不思議に思う方も多いことでしょう。

実は、近年成長を遂げている学習塾は、個別指導ができることをウリにしたところなのです。自分の子どもと向き合い、きめ細やかな指導を実践してくれる学習塾は、現代の親のニーズにマッチしたものなのでしょう。「どうせ塾に通わせるなら、個別指導してくれるところを選びたい」と願う方も増えています。

学習塾経営ならではの強み -「教育費は削られにくい」

習い事・塾特集/学習塾経営ならではの強み -「教育費は削られにくい」

フランチャイズで学習塾経営に乗り出す際の強みは、まだまだあります。少子高齢化の時代だからこそ、子ども一人にかける教育費の割合は高まってきています。また親にとって子どもの教育費は、非常に削りにくい分野の支出でもあります。「その他の場所で節約しても、子どもを塾に通わせたい」と願う親は多く、こうした流れは今後も変わらないと言われています。

フランチャイズの安定性で、顧客満足度もアップ!

習い事・塾特集/フランチャイズの安定性で、顧客満足度もアップ!

学習塾自体は、もちろんフランチャイズに加盟していなくても開業できます。自分自身に教える能力や人を集める能力があれば、フランチャイズに加盟することなく経営するのも一つの方法だと言えるでしょう。

しかし近年の学習塾は、サービス業の一つとして捉えられています。実際に接するのは「子ども」ですが、経営において顧客となるのは、その「親」です。子どもと共に、その親に対してどう向き合っていくのかも、経営を成功させるために欠かせない視点となるでしょう。フランチャイズ経営であれば、こうしたノウハウについてもしっかりと指導してくれます。

また子どもの成績がアップすれば、顧客(親)満足度も高まることでしょう。学習塾フランチャイズには、多くの子どもを指導してきたノウハウが詰まっており、それを利用できるというメリットは非常に大きいと言えます。

まとめ

学習塾業界の中でも、唯一成長しているのが、個別指導の学習塾です。子どもたちや地域全体と関わる経営を行いたいと思う場合には、学習塾フランチャイズで成功を目指すのも良いでしょう。やりがいのある仕事を得られるはずです。

人気のフランチャイズ TOP5